ダメなホームページ

ホームページは自分の分身のようなもの。ネット上で自分を表現することで、そのエネルギーにひかれたお客様が集まってきます。自分にとって当り前のことでも、今日初めて来た方にはわからないかもしれません。自分のホームページを常に客観的な目で見てチェックすることを忘れてはいけません。

自分のホームページを管理し続けて7年(←猫ホームページですが)、ネットオタクな私の眼から見て「こりゃダメだ」と見る気をなくすホームページをまとめてみました。


×××××× こんなホームページはダメ ××××××

× じっくり読まないと何のHPかわからない。
→ 何のHPかパッと見てわかるように説明を明記しましょう。

× 読み辛い。
背景色と文字色の組み合わせが悪い・文字が小さすぎる・背景とかぶっている。
眼が疲れる、チカチカする。
適切な行間を空けずに文章ばかりがずーーーーーっと続く。

× 意味がわからない。
文章がひとりよがりで何を言いたいのかわからない。
専門用語ばかり書いてあって、一般の人には理解不能だったり、読んでもちっとも面白くない。
常連さんにしかわからない話題ばかり書いてある。

× 文字使いが不適切。
「この人、教養なくて信用できない」と思われてしまいます。
 ○こんにちは  ×こんにちわ
 ○それでは   ×それでわ
 ○・・・という(と言う)  ×・・・とゆう
 ○・・・どおり(通り)  ×・・・どうり

× トップページにごちゃごちゃリンクが貼ってあって、どこが本ページへの入口かわからない。
気付くと別の人のページに迷い込んでいたり・・・。

× 検索で枝ページに辿り着いた方の為のTOPへのリンクがない。

× 欲しい情報のページになかなかたどりつけない。
→ プロフィール・セッションメニュー・料金・場所・申し込み方法などへ適切に誘導するにしましょう。

× ページを作りかけで、リンクが切れたまま放置している。

× リンクが適切に貼られていない為、迷子になったり、フレームがどんどん入れ子になったりする。
→ 見たいページにスムーズに移動できるようにリンクをはりましょう。

× 画像がリンク切れで表示されていない。
画像ファイルが壊れていたり、ちゃんと転送されていないのに、自分のパソコンではキャッシュで表示されていて気付かない場合があります。その場合、更新ボタンをクリックしてみると画像のところが[×]になります。

× 作成後、他のブラウザで確認していない。
画面の大きいパソコンを使っている方、自分のパソコンに合わせてホームページを作ると、画面の小さいノートパソコンでアクセスした時、いちいち横にスクロールしないと読めない面倒なページになっていることがあります。
テーブル等を使ってどのブラウザで見ても位置が変化しないように固定していないと、大きさの違うブラウザで見た時にレイアウトがバラバラになっていることがあります。
→ 家族・親戚・友達のパソコンで、自分のホームページをチェックしましょう。発色も違っている場合が多いです。

× Macで作成して、Windowsで画面を確認しておらず、レイアウトが崩れている。
→ 95%以上はWindowsユーザーですよ!

× 自分で更新できない。
誰かに作ってもらっても良いですが、管理・更新を自分でできないようではダメ。

× メール・掲示板のチェック・返信を毎日しない。
→ 旅行などで返信できない予定のある場合は、その旨書いておくべき。

× 更新されない。いつ行っても変わってない。
→ ブログやコラム、お知らせをこまめに更新して、ちょくちょく観に来てもらえるようにしないと〜。

× 無料ページを使っている為、いちいち広告ページが表示されてうざい。

× プロバイダが良くない。
表示に時間がかかる・しょっちゅうメンテナンスでページが見られない。

× BGM付き。
オフィスからこっそりアクセスする方もいるので迷惑なだけ。

× Flashプレイヤーがないと見られないページになっている。
会社貸与のパソコンでは、プレイヤーをダウンロードできない場合もあり。

× 画像やFlashの読み込みにやたらと時間がかかる。
みんなが速度の速い光やADSLでアクセスしているわけではありません。

× ページから発せられるエネルギーがよどんでいる。
→ ホームページは自分のエネルギー状態が良いときに作りましょう。


Shima * ホームページ * 10:48 * comments(0) * - * pookmark
このページの先頭へ