<< エネルギーコード | main | 役割 >>

時間感覚

 クリニックでのセッションは50分か、80分なのだけれども、エネルギーワークを受け終わった方からはよく「え、もうこんなに時間経ったんですか?」と言われる。この時、施術者側は3次元世界の時間の流れを離れた世界に没入していることが多く、時間が伸びたり、縮んだり、進んだり、停まったり、逆行したり、未来に飛んだりするのをみている。サトルボディ・コーザルボディはグロスボディと違って時間の流れに縛られていない。エネルギーの身体は時間の枠の制限を受けない。

 

 施術中、丁寧に細かい調整をしなければならない場面では時間が停まる。長時間同じ部分にワークして「やっと終わった」と思って次の場所に移るときに時計をみると、実際には時計の針がまったく進んでいなかったということがよくある。かと思えば、時間の流れが異様に早くて「ええ、もうこんなに時間経っちゃったの?! 」と感じることもある。セッションを指揮するのはクライアントさんの中のサムシング・グレートなので、きっちり完結するように時間配分してくれるから心配ないんだけどね。

 

 エネルギーワークでは、時間を遡って根本原因にアプローチするため、予約を入れてから実際にセッションを受けに来るまでの間に症状や問題が消失してしまうことがある。「症状が消えたということで、予約をキャンセルして来なかったらどうなるのだろう? 」と思う。遠隔ヒーリングでは、物理的に手を触れて行うワークよりも顕著に時間の流れの齟齬が生じる。こちらがまだやってないのに、相手に届いていることがあって、相手からお礼のメールが届いた後で、こちらが(あわてて)遠隔ヒーリングをしたことが何度もあった。順序が逆だが、どうも気のせいではないようだ。

Shima * 時空間 * 08:30 * - * - * pookmark
このページの先頭へ