<< パズル | main | 自然の恵み >>

ホリスティックなセラピスト

 私はホリスティックなセラピストというのは「たし算」ではなく、「かけ算」だと考えている。Body・Mind・Spirit(+Shadow)、それぞれについて1人前のプロとしてサポートを提供できるだけの知識と技術と経験と人間性を備えている必要がある。例えばBody0.9、Mind1.1、Spirit0.8だったら、かけ算すると0.792で、ホリスティックなセラピストとしては1人前(1.0)ではないということになる。

 

 大抵の人は足し算してしまうが、ホリスティックなセラピストを標榜するということは、セッションでクライアントがどの領域に踏み込んでもしっかりサポートしますよと保証することなのだ。Body・Mind・Spirit、各領域のワークを連動させ、循環させながら深めていく中で、それぞれバラバラに部分部分でワークしていたのでは見えてこないものがたちあらわれてくる。ワークが特定の領域に踏み込んだ途端、セラピストの対応がアマチュアレベルに失速してしまうようではセラピーがつながっていかない。それだったら、セラピストが確実に対応できる領域に限定して、専門のセラピストとしてやっていく方がいい。

 

 セラピストとクライアントがBody to Body(グロスボディレベル)、Mind to Mind(サトルボディレベル)、Spirit to Spirit(コーザルボディレベル)で己の存在を響かせあうからこそ出てくる反応がある。アタマで学んだだけの知識で通用するのは表層の部分だけだ。

Shima * セラピスト * 09:24 * - * - * pookmark
このページの先頭へ