<< 自由の時代 | main |

エネルギーバランス

丹田は生体内のエネルギーを配分するエネルギーセンターで以下の3つがある。

 下丹田: 生命力や闘争のエネルギーを司る(へそのちょい下)

 中丹田: 楽しさや愛のエネルギーを司る(ハート)

 上丹田: 叡智のエネルギーを司る(眉間)

 

 例えば、試験勉強するときは上丹田:中丹田:丹田のバランスが85:5:10、デートのときは10:70:20、温泉でゆっくり休むときは5:45:50・・・というように、各丹田の出力を調整して、エネルギーをその時その時の状況に合わせて最適化する必要がある。

 

 ところが、この切り替えがうまくできず、1年365日、会社に行っても家にいても同じエネルギーバランスで過ごしてしまう人が意外と多い。例えば、会社でライバルと戦っているエネルギー状態で家に帰り、そのままエネルギーの切り替えができないと、家族に対しても攻撃的になってしまったり、過剰なセックスに走ったり、攻撃が自分に向かってアレルギー症状が出てしまったり、ゆっくり休めなかったりといったことが起こってくる。日本でサラリーマンをしていると、どうしても闘争のエネルギーが強くなってしまう傾向があるようだ。仕事終わりとともに、すぐにエネルギーを切り替えて家路につける人がどれくらいいるだろうか。切り替えに時間がかかるために、どこかで一杯やったり、コンビニや本屋で移行時間を取らないではいられない人も多いのではないだろうか。

 

 私は基本的に「すべてクライエントの中の叡智にお任せして、そこで起こるべきことが起こる場を保持するだけ」というスタンスでセッションをしているが、エネルギー状態の切り替えについては、ここ1か月くらいもれなく全員にエネルギーの自動調整がなされるよう設定をするようになった。その場に応じてパッパパッパと最適なバランスに切り替えができると、作業効率が非常に上がる。マルチタスクでの負担はここの部分に由来する所が多いだろうし、ちゃっちゃと切り替えて片づけることができれば「あとでやろう」と先送りする必要がなくなる。設定したクライエントさんたちからは、仕事がしやすくなったとの報告が届いている。

 

 ただ、切り替えが簡単になっても、エネルギーの総量、滞り箇所、質の向上などの問題については別途改善する必要があるので、そっちの方はけっこう時間をかけてやらないとダメな場合も多い。

Shima * エネルギー * 18:36 * - * - * pookmark
このページの先頭へ