<< Body領域の実践 | main | BodyとMindの癒着 >>

 TV番組で、あるお笑い芸人さんの行動を密かに撮影するというのをやっていた。そこで発覚したのは、その芸人さんは、スポーツクラブの前に行って自撮した画像をSNSにアップし、定期的に運動してますというアピールをしているが、実際には写真を撮るだけで、何もしていなかったということだった。芸人さんに限らず、他者から良い評価をもらうことが大事になっている人は多い。自分がさも素敵な生活を送っている「リア充」ってあるかのようにSNS上の自分を「盛っている」人がいかに多いことか。

 

 学生時代、学校ではテストの点数が評価基準となっている。テストで良い点を取る子は良い子ども、テストで悪い点を取る子どもは悪い子ども。本来、テストはその科目に関する知識や理解度・応用力・技術力などのレベルがどの程度なのか客観的データをとって、その後の学習計画を立てるために用いるはずのもので、子どもの人としての価値を示すものではない。しかし、世間的には、テストの点数が人間としてのその子の価値であるかのように思われてしまっている。テストで良い点数を取れないなら、代わりにスポーツや芸術関係で何か素晴らしい功績をあげるなどして良いところを見せなければならない。他人様から存在価値を認めてもらえるような何かがなければ生きている資格がないというプレッシャーの中でみんなもがいている。

 

 そうやって育つと、社会からどのような評価を受けるか、他者からどう思われるかが大事になって、そこを自分の軸に据えてしまうようになる。他者から良い評価をもらうこと、他者を喜ばせることに自分の時間とエネルギーを注ぐようになる。しかし、いくら他人を満足させるためにしゃかりきになってがんばったところで、いつまで経っても自分は満たされない。そもそも自分の満足のために、自分を満たすためにエネルギーと時間とお金を使ってないんだから、自己充実していくはずがない。その空虚さを紛らわすために、SNSで素敵な自分アピールをして、他人様から「いいね!」の評価をたくさんもらって安心しようとする。

 

 意識の発達段階が上がれば上がるほど、自己中心性は減少していく。しかし、自己中心性が低くなればなるほど、自分の軸はしっかりと揺らがなくなっていく。そして、グリーンの段階に進んだとき、自分を評価する基準が、他者評価から、自己評価に大きく転換する。他人がどう思うか、社会的評価はオマケでしかなく、自分が納得するかどうか、自分が満足するかどうかが基準となる。評価を下すのは、自分の内なる神、真我である。オレンジ段階までの自我はバウムクーヘンのように幾重にもエゴに覆われているが、そこからエゴがどんどんはぎとられ、中心軸の真我が輝き始めるのがグリーンの段階だ。物質主義的な世界で生きていくにあたり、ある程度の他者とバランスする必要があるから、そつなく「いいね!」をもらうこともするが、そこが目的にはならない。

Shima * Life * 18:30 * - * - * pookmark
このページの先頭へ